About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Apr 27, 2018

(No. 357) Young Japanese Amberjack at Maruiwa in Owashi (大芦の丸岩にてワカナ)




I started fishing at Maruiwa in Owashi about 6:45 a.m. The sea was as calm as it had been last time. I did not see any baitfish along the shore, too. After trying all of my favorite lures in vain, I started eating a rice ball for breakfast. I was standing with my back to the very calm sea. It is not recommended for safety reasons. You should always face the sea in order to detect any danger as soon as possible, but today the sea was so calm that I was unconcerned. When I finished my first rice ball, I felt a faint touch of something happening behind.
(大芦の丸岩で釣り始めたのは午前6時45分頃でした。前回と同様、凪(なぎ)の海でした。岸沿いにベイトフィッシュ(大きな魚の餌となる小魚)の姿もありません。お気に入りのルアーを全部投げたものの不発に終わった私は、朝食のおにぎりを食べ始めました。私は、とても穏やかな海に背を向けて立っていました。安全性の観点から、これはおすすめできません。何らかの危険が生じた際にすぐに気づけるよう、常に海の方を向いておくべきなのです。しかし、今日の海はとても穏やかだったので、私は無頓着だったのでした。一個目のおにぎりを食べ終えた時、何かが起きているかすかな気配を背後に感じました。)
So I turned around. A huge boil was just in front of me! I got stunned. I had never seen such a huge boil so close to me. A lot of fish went on the rampage on the water. In a hurry I cast a lure toward the boil, but I could not retrieve it normally. The fish were so dense that, as soon as I jerked my rod, I hooked one of them. As I supposed, the hook was not set on the fish’s mouth but on the belly. It was young Japanese amberjack called Wakana in Japanese. The huge school was moving toward the east. When I remembered I wanted to take pictures of it, it was already very far. You can see the darker area on the water in the red circle of the second photo above. That was the huge boil.
(振り向いてみると、目の前に巨大なナブラが立っています! 私は唖然としました。こんなに大きなナブラが、こんなに近くで立っているのを見たことはありません。たくさんの魚が水面を暴れ回っています。私はあわててナブラに向けてルアーを投げましたが、まともに引くことはできませんでした。魚があまりにも密集しているので、ロッドをあおるやいなや、一匹かかってしまったのです。思った通り、フックは魚の口ではなく、腹にかかっていました。ワカナと呼ばれる若いブリでした。その巨大な魚群は、東に移動していきました。「そうだ写真を撮らねば」と気づいた時には、もうずいぶん遠くに行っていました。上の2つ目の写真の、赤丸で囲んであるところに、他より水面が黒くなっている部分が見えると思います。それが巨大なナブラです。)

2 comments:

Shun Docomo said...

お久しぶりです。
先週あたりから、やっと水温が15°を超えてきて、青物も活性が出てきたみたいですね。
ナブラって、いつ見ても興奮しますよね。
心臓バクバクで、アドレナリン出まくりますもんね(>_<)。
僕も巨大ナブラに遭遇したいもんです。

Masahiro said...

Shunさん、コメントありがとうございます。

本当にすごいナブラでした〜。

いまGoogleマップで計測してみましたが、幅が軽く100メートルを超えていたような気がします。

しかも釣り人は私だけ。。。。。圧倒的でした。