About this blog (このブログのこと)

My photo
After living in the United States for 15 years, I came back to my hometown Matsue, a small city in the western part of Japan, in November 2014. I imposed a simple rule on myself. Use only American saltwater lures for at least one year and report what they catch...... When a year had passed since then, I decided not to lift this ridiculous restriction. I am still using only American lures.(2014年11月、15年間のアメリカ生活を終え、島根県松江市に帰郷した私は、自分自身に一つのルールを課しました。少なくとも1年間、アメリカのソルトルアーだけを使い、釣果を報告すること......。そして1年が経過した時、私は、この馬鹿馬鹿しい制約を解除しないことに決めました。今もまだ、アメリカのルアーだけを使っているのです。)

Feb 15, 2018

(No. 344) No Fish at Nanbo in Etomo Harbor (恵曇港の南防にて釣果なし)




Heaps of snow on the shoulder of roads noticeably shrank in the sun, and I became able to go fishing this late afternoon at last. I gave consideration to going down to Ikesu in Etomo, but I was not sure how the unusual heavy snow had affected the treacherous path to the rocky spot. I could not take a chance. So I drove to much safer Nanbo, a break water in Etomo Harbor. However, the sea around it was so quiet that I did not feel I would catch any fish at all. I took a chance on a pencil popper, one of my favorite American lures. As I anticipated, no fish attacked the lure, but, after a long hiatus due to the heavy snow, just swinging the topwater plug from side to side on the water made me happy.
(路肩に積み上げられた雪は、日光に当たると著しく縮小してしまい、今日の午後遅く、ついに私は釣りに行けるようになりました。恵曇の生須に行こうかと思いましたが、異常な大雪のせいで、その磯へと至る危険な小道にどのような影響が及んでいるのか分かりませんでした。一か八か賭けてみることはできません。そこで私は、ずっと安全な、恵曇港にある防波堤、南防へ向かったのです。しかし、その周囲の海はとても静かで、魚が釣れそうな気は全くしないのでした。私は、お気に入りのアメリカのルアーの一つ、ペンシル・ポッパーに賭けてみました。予測通り、ルアーを襲う魚はいませんでしたが、大雪のせいでしばらく釣りを中断していたため、水面でトップウォーター・ルアーを左右に揺り動かしているだけで、私は幸せになれました。)

No comments: